Posts Tagged ‘Word Press’

Twitter ToolsのoAuth対応の設定

10月 18th, 2010

先日twitterの認証方式が変更になり、これまでBASIC認証だったTwitter ToolsもoAuth対応が必要になりました。すでにbotアカウントのほうはoAuth対応していたのですが、こちらはすぐには必要ないだろうと思い放置していたので、そろそろ重い腰を上げoAuth対応の設定をすることに。
» Read more: Twitter ToolsのoAuth対応の設定

コメント欄に自分のアイコンを表示する

4月 20th, 2009

コメント欄に表示されるアイコンを、自分がコメントしたときは自分のアイコンにしたいと思いググってみると、Gravatarへ画像を登録することで可能らしいので早速登録することに。
登録方法については、ざっくりだが以下のように。

  1. Gravatarへアクセスしメールアドレスを入力
  2. 送られてきたメールのURLをクリックして、ニックネームとパスワードを記入。(パスワードは短かったりするとエラーになるので色々試してみてください。)
  3. ニックネームとパスワードが無事通ったら、画像をアップロードし、トリミング範囲を決める。
  4. 画像の種別(GとかXとか)を選択
  5. 最後にConfirmをクリックしたら完成。

これでWPのユーザーのメールアドレスとGravatarに登録したメールアドレスが一致していれば、コメント欄にアバターが表示されるようになる。

サイトマップを自動生成するプラグイン

4月 11th, 2009

WPのプラグインでサイトマップを自動的に作ってくれる便利なプラグインがあるとのことなので、またもWordPress Go Goさんのサイトを参考に、当サイトにもSEO対策として導入してみることに。
サイトマップとひとくちに言っても

  • ロボット(クローラー)用のサイトマップ
  • 人間用のサイトマップ

と2種類あるので、まずはロボット用のサイトマップ作成プラグイン「Google (XML) Sitemaps Generator 」をいつものように所定の場所にインストールして有効化。あとはほぼデフォルトのまま使えるとのこと。

次に人間用のサイトマップ作成プラグインだが、こちらは「Dagon Design Sitemap Generator」を使用する。これは所定の場所にインストールして有効化した後、設定画面でJapaneseを選択しUpdate Optionsをクリックすると、画面が日本語化されるとのこと。
あとはサイトマップを表示させたいページに

<!– ddsitemapgen –>

を挿入するとサイトマップが表示されるようになる。

パンくずリストをつける

4月 6th, 2009

現在どのページにいるのかが分かりやすいよう、このブログにも「パンくず」をつけようと思いググってみるとBreadcrumb NavXTという簡単にパンくずを作ることができるプラグインがあるとのこと。早速ダウンロード&インストールし、有効化する。
設定をクリックすると設定画面がでてくる。ほぼデフォルトままで大丈夫なのだが、一応トップページの表記をBlogからHomeに変更して保存した。

あとは以下のソースコードをパンくずを表示させたい場所にいれればOK。

<div class=”breadcrumb”>
<?php
if(function_exists(‘bcn_display’))
{
bcn_display();
}
?>
</div>

画像のアップロード機能を拡張する

3月 28th, 2009

以前Lightboxを入れた時にrel属性を自動挿入したいと思ってさがしていた際に見かけた、画像のアップロード機能を拡張する「Flexible Upload」というプラグインを入れることに。

  1. Flexible Upload」からプラグインをダウンロード
  2. languagesフォルダ内のfup-ja_UTF.moのファイル名をfup-ja.moに変更
  3. サーバのPluginsへアップ
  4. 管理画面のプラグインから「使用する」をクリックで有効化
  5. あとは管理画面の設定に追加されたFlexible Uploadの設定画面で基本設定を行えばOK。

早速使ってみるが、以下のようなエラーがでてアップロード時の画面表示が崩れた。

call_user_func_array() [function.call-user-func-array]: First argument is expected to be a valid callback, ‘media_admin_css’ was given in /pfad/zu/wordpress/wp-includes/plugin.php on line 311

解決法を探しているとこちらのページにありました。原因はこのプラグインがWP2.6以降に対応していないためとのこと。で、早速このページにあるように、改善するパッチを含んだ Flexible Uploadを入手し、先の手順で再インストールしてみると、今度は問題なく使用することができました。