強膜炎(28)

今日は眼科の日でした。

眼底検査をすると言うことで、車や自転車等の乗り物で病院に来ないよう言われていたので徒歩で行くことに。
今日は春のポカポカ陽気で気持ちいいな〜と思っていたが、
病院に着いたときには汗だくになってしまった。

受付を済ませ待っていると、10分もしないうちによばれ風圧式の眼圧測定へ。
正直言ってこの方式の眼圧測定は好きじゃない。
風が当たる瞬間ビクッとなるし、目はしばしばするし、さらに正確には測れないから。

とりあえず眼圧測定が終わると、瞳孔を開くための目薬をさされしばらく待つことに。
瞳孔が開くまで30分くらいかかるんだと。
しかもこの状態が5〜6時間続くらしい。

最初の10分、15分は特に変わりはないけど、20分くらいするとだんだん電気の光が強く感じるようになってきた。
ほどなくして看護師さんがペンライトをもって瞳孔のチェックにきて、
チェック後すぐに診察室へ。

眼底検査の結果は、特に炎症等の異常はないとのこと。
ステロイド点眼を長期間使用していると、白内障の症状がでることがあるらしいので今回眼底検査をしたがいまのところ大丈夫らしい。

ちなみに眼圧測定の結果は
右19 左18
一応範囲内でした。

病院内にいるときは気がつかなかったけど、家に帰るため外へ出るとやたらまぶしい!
目を開けているのが苦痛なほどまぶしい!!
白いガードレールや壁、シルバーのものが天気がよいがために異常なほど発色している。
やっぱりサングラスを持ってくるべきだった・・・。

だいぶ前に眼底検査をやったときは片目で、しかも終わった後は眼帯をしていたので
歩きにくさはあったもののまぶしくはなかったんだよな。
両目だと眼帯できないし・・・なめてたな、完全に。

なるべく日陰を選んで、薄目で地面をみながら歩くこと15分、無事家に到着。
鏡で目を見てみると、しっかり瞳孔開いてました。

病気メモ

世界遺産のど真ん中に建つホテルで働くNGHヒプノセラピスト/ABHヒプノセラピートレーナー/マネークリニック(The Wealthy Mind™️ Program)トレーナー/NLPプロフェッショナルコーチ/心理カウンセラー/温泉ソムリエ

やまぞうをフォローする
やまぞうをフォローする
やまぞう雑記帳
タイトルとURLをコピーしました