【親の介護】介護認定調査を受ける

日記

父が入院してから約二週間後、病室に介護認定調査員がきました。

これは要介護度を判定するための調査で、本人にいくつかの質問をしながら状態を確認し、その後家族や看護師に聞き取りを行い、その後かかりつけ医の意見書などを参考に要介護度がきまります。

調査から判定結果が出るまでは約1ヶ月なのですが、このときは混み合っているとのことで一ヶ月半くらいかかるとのことでした。

この介護認定調査ですが、本人が実際の状況よりも良く見せようとする場合があるようで、何というか・・・プライドなんでしょうが、自分はまだまだ介護なんて必要ないアピール。全然平気ですアピールをするして、実際には要介護1とか2になるような状況でも要支援になってしまったりするケースもあるようです。

うちの父も家族以外の人の前では「ええかっこしぃ」なところがあり、いつもより饒舌になるので調査の時に見栄を張らなければ良いな〜と思ってましたが、概ね現状通りの状況を話していたので安心しました。

結果出るまでに何処まで回復するかにもよりますが、要介護度によって受けられるサービス内容も変わってくるので、ここでの対応は重要になってくると思います。

詳しいことは下記のサイトをご確認ください。

参考サイト
≫ 要介護度(要支援1・2、要介護1~5)について学ぼう

日記

世界遺産のど真ん中に建つホテルで働くNGHヒプノセラピスト/ABHヒプノセラピートレーナー/マネークリニック(The Wealthy Mind™️ Program)トレーナー/NLPプロフェッショナルコーチ/心理カウンセラー/温泉ソムリエ

やまぞうをフォローする
やまぞうをフォローする
やまぞう雑記帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました