【親の介護】要介護認定申請をすることになったら【仕事と介護】

5月 4th, 2017 by Yamazo Leave a reply »
LINEで送る
Pocket

もう5ヶ月前のことだけど、ようやく自分自身が落ち着いてきたし、今後同じような状況になるかもしれない人のための備忘録として書きたいと思います。

突然、親が介護は必要な状態になったとき、風雨の人は何をどうして良いかわからないと思います。特に年齢が若ければ若いほど。

昨年末、私の父が腰の骨を圧迫骨折し一時的に寝たきりの状態になりました。

土曜の深夜に腰に激痛がはしり、そのまま救急搬送されましたが入院できるところはどこにもなく、痛み止めの注射と薬をだされて帰宅しました。家に帰ってから数時間はよかったものの、その後全く身動きがとれなくなり、父は自室のベッドで寝たきりになりました。

ちょうどその時、私は用事があり東京に来ており、父からのSOSを受けて駆けつけた叔父からのメールで状況を知りました。メールを見たときは、大げさだな〜と思っていたのですが、家に帰ってみると一目で状況が飲み込めました。私が戻ったのは日曜の22時頃。父はほぼ2日間何もない部屋のベッドの上で電気をつけたまま、寝たきりの状態だったようです。

帰るなり「トイレが心配だから、この部屋で一緒にいてくれ」とか「おむつを交換してくれ」とか「入院できる病院を探せ」と次から次へと言われ、疲れてもうろうとしている私は正直イラッとしてしまいました。

しかし、どうして良いのか全くわからず呆然としながら父を見るだけで何も出来ず、ただただ不安が過ぎりました。

転職したばかりで試用期間中でしたが、とりあえずしばらく会社を休むことに。

月曜になり朝から父の知り合いの看護師さんに連絡を取り、事情を説明すると介護認定を受ける手続きをして、今すぐにでもヘルパーさんを使えるようにしなさい、とアドバイスをもらい、その後すぐに市役所の介護福祉課に向かいました。

その時持って行ったものは

  • 父の健康保険証
  • 介護保険被保険者証

です。

市役所の窓口の方の対応はなれたもので、とても丁寧にそして共感とねぎらいの言葉をかけながら手続きの説明をしてくれました。その時にかかりつけ医の意見書が必要ということで、書類を用意してもらい後で医師に書いてもらうようにいわれました。

申請手続きを終えて、家に戻ると父の知り合いの看護師さんがケアマネージャーをつれて父の様子を見に来ていて、すぐにヘルパーを入れられるよう手配をしてくれました。

その後しばらくしてからヘルパーさんが来て、父の体を拭いたり、おむつを替えたりしてもらい、また久しぶりに外部の人と話をしたことで少し元気になりました。

そしてその時知り合いの看護師さんが自分の病院の空きベッドを確認してくれて、三日後に入院することも決まりました。

わたしも何だかほっとしました。
入院日までは1日3回ヘルパーさんがきてくれるので、私は食事の準備と夜中の対応だけで良いとわかったから。

そして入院当日、父が変なことを言い出しました。
しばらく寝たきりで過ごした自室からストレッチャーで運び出されるとき、部屋の隅を気にしてはそこに誰かいるとか、あの人はどこから来たんだとか幻覚を見ているようでした。

そして病院へ到着するとしばらくは上機嫌で知り合いの看護師さん達と話していたのですが、また急にカーテンが揺れてるとか、手が届かない位置にあるものに手が届かないと意味不明なことをいいました。

その時は疲れているんだろうと思って、私は特に気にしていませんでしたが、その日の夜に自力で起き上がれるはずのない父が夜中に起き上がり、ベッドから降りようとして、さらには昔の記憶が蘇ったのか訳の分からないことを話していたと、看護師さんに次の日に聞きました。

看護師さん曰く、不穏とのこと。
私は不穏とは何なのか分からないので、どういうことかと聞いてい見ると、入院下手の人(特に高齢者)は時として情緒不安定になって意味不明なことを言ったりするとのこと。これは認知症の初期の症状ににているが、断定はできないし一時的なもので、その後良くなる人もいる、とのこと。

ただ今まで父は何度なく入院経験があるけど、こんな状況になったのは初めてで、会社の人に話したら、恐らく認知が始まったのかもしれないので、覚悟しておいたほうが良いと言われました。

ネットで「不穏」と調べると、やはり認知症の初期症状の可能性があるという記事が多かったし、入院後急に父の物忘れがひどくなったので、すごく不安になりました。

今現在、父は自宅で普通に生活しているし、先日ちょっとおかしな事を言ったときがあったけど、それ以外はこれまで通り過ごしているので、とりあえず落ち着いています。

ただ心配なことは、元々歩くことが極端に少ない人で、退院後は少し歩くようにして足の筋肉を鍛えてくださいと言われているにもかかわらず、相変わらず歩こうとせず、ますます歩くのが億劫になっていて、少し歩いただけでも疲れる、しんどいという始末。

歩けなくなったらこの家では生活できないということを分かっているのだろうか?

父が寝たきりになったら、正直言って家で面倒見るのは無理なので。

 

 

ここまで、色々と経緯を書いてきましたが、もし家族が寝たきりになったりして介護が必要になったときは、すぐに市役所の介護福祉課か地域包括支援センターに相談し、要介護認定申請をしましょう!

 

参考サイト
≫ みんなの介護【介護保険まるわかり】

 


Fatal error: Call to undefined function adsensem_ad() in /home/sites/heteml/users/v/o/v/vovm/web/wordpress/wp-content/themes/cordobo-green-park-2/single.php on line 20