Nexus7購入&メモ

10月 13th, 2012 by Yamazo Leave a reply »
LINEで送る
Pocket

Nexus7は発売されて以来、日本で発売されたらほしいな〜と思っていたのだが、「Nexus7発売か?」というニュースをが流れた。

「マジで!?」と思いつつ発表を待っていると…
ついに日本でも9月25日よりGoogle Playで16GBモデルを19,800円で発売!
ってことで、発売初日にぽちった。

注文したときは3〜5日程度で手元に到着と書かれていたけど、結局届いたのは10月3日だった。
到着後すぐに開封し早速設定へ。一応日本向け商品ということだからスタート画面も日本語かと思ったら、最初は英語でデフォルトの言語選択が出ていて、英語を含む3つの国の言葉が出ていた。
とにかく早く使いたいので英語のまま設定をすすめると、次にWi-Fiの設定とメールの設定をして完了。
何とも簡単なこと。

とりあえず初期設定は終わったので、次にNexus7の購入と同時にAmazonで注文しておいた保護フィルム(Google Nexus 7 専用フィルムPP01)を貼ろうと思い、Amazonからきた荷物の封をあけると、フィルムのパッケージがiPadらしきものだった。
「あれ?間違えたか?」と思いよくよく見てみると、下の方に小さくNexus7なんとかって漢字で書いてあった。中華製・・・注文するときによく確認しなかった自分が悪いのだが、なんだか嫌な予感。とはいえレビューにはさほど悪いコメントは無かったので大丈夫だろうと思い貼ってみたが、さすが中華製。サイズが微妙におかしい。そしてカメラのレンズ部分の穴の位置がずれてる。しかも丸く抜けるはずがフィルムが抜けずについたまま・・・。
さらに、どんなに丁寧に気泡が入らないように注意してフィルムを貼っても気泡が入りまくり。普通は少しくらい気泡が入っても後から外側に向けてこすってやると抜けるもんなのだが、全くダメだった。しかもフィルム全体に油膜みたいな虹色のムラがでてる始末。失敗した・・・急いで選択肢が少ない中から選んだからだ。

もう後悔しても仕方ない。
直に画面を触って油まみれになるよりはましと気持ちを切り替え、気泡が入ったままでも我慢できる程度の状態でしばらくは使うことに。といってもこのままは嫌なので、その場で新しいフィルムを注文。Nexus7が発売になって1週間たったからか、選択肢が増えていた。今度はよく確認して日本製のフィルムを選んだ。

数日後、新しいフィルム到着。
早速貼り替え作業をすると、今度のフィルムは変に神経を使うこと無くスーっと吸い付くように貼れた。しかも全く気泡が入らずに。さすが日本製!こうで無きゃ!!しかも中華製のものより値段が安い。
これまでiPadやiPhone用のフィルムでは、一度も気泡のことで苦労したこと無いんだが、やはり日本製のものを使っていたからなんだなと実感した。

設定もフィルム貼りも終わったので、別途購入していたNexus7用ケースに入れて作業完了。と思ったが、Chromeでの日本語の漢字の表示が中華っぽいくて気持ち悪い。おそらくデフォルトの言語を英語にしているからなのだろう。
ってことで設定(Setting)の中の言語と入力(language&input)の最上部の所をタップしてずっと下の方にスクロールすると「日本語」があるので、これを選択。これで画面の表示とChromeでの漢字も綺麗に表示されるようになった。

最後にNexus7の使用感についてだが、大きさはシステム手帳くらいでちょうど良く、重さも初代iPadと比較するととても軽くて疲れにくい。フリックも特に引っかかりを感じるようなことも無くスムーズ。ただこれに搭載されているAndroid4.1のChromeではiPadのSafari同様、Flashは動かない。(まあ、Flashのことは大した問題ではないが…)

近々AppleからiPad miniが出るとか出ないと言われているけど、このサイズのタブレットはNexus7で十分かな〜。

[amazon asin=”B009FUX2R4″ /]


Fatal error: Call to undefined function adsensem_ad() in /home/sites/heteml/users/v/o/v/vovm/web/wordpress/wp-content/themes/cordobo-green-park-2/single.php on line 20